下部内圧用カテーテル
EMGプローブ
簡易インフュージョンキット
インフュージョンポンプ
Copyright c 1999-2004 ASAHIBIOMED all rights reserved
マルチパラメーター
消化管運動機能測定システム
食道内圧検査は、胃及び食道内の圧力を調べることによって食道の
運動機能を知ることができます。 等間隔で4から8ヶ以上の圧を同時
に測ると,食道の蠕動運動の状態が把握でき、蠕動運動の圧力速度
方向・頻度など評価します。
また,胃と食道の移行部(噴門)には下部食道括約機構という逆流を
防ぐしくみがあり、この部分の圧力・長さなどが十分でないと
胃食道逆流がおこります.
食道内圧検査はこのしくみの状態を知るための重要な検査です.

■食道内圧測定
■直腸肛門の内圧機能検査

■4ch経皮的胃電図測定
■バイオフィードバック

測定項目
ポリグラムIDのEGGシステムは、胃の電気活動を体表面から
侵襲なく測定し、コンピューターで解析するシステムです。
EGGは近年GastroParesisや運動機能障害に関連した病気の
評価に使用されつつあります。 
消化管の病気の多くはその排出能力に関係しており胃の
ペースメーカーが正常に作動している時にのみ効果的な
胃排出能力が得られるとされています。
ポリグラムID EGGシステムは操作が簡単で
胃蠕動運動の伝播をわかりやすく評価します。
大腸肛門機能障害とは、便の通過・保持・排泄機能の障害であり
食生活の欧米化、社会の高齢化と共に近年とみに増えてきています。
ポリグラムIDのAFTアプリケーションは、直腸肛門内圧はもちろん
ベクターボリュームの測定、バイオフィードバック、括約筋筋電図の
測定を内圧測定と同時に行うことが出来ます。
■食道内圧測定
■直腸肛門内圧測定
■4ch経皮的胃電図測定
Polygraf IDは検査手順を簡素化し、貴重な時間を節約します。
Polygraf IDに搭載のマルチアンプは、ソフト上の設定を変更することにより圧力、筋電
pH等の複数のパラメータを測定することが出来ます。 これにより、システムを事前に
構成する必要がなくなり必要なときにコンフィグレーションを変更するだけで内圧、嚥下
呼吸、EMG、EGG、pHなどの測定が可能となります。
back
EGGキット
上部内圧用カテーテル
Polygraf ID EGG 日本語カタログ
Polygraf ID EGG 日本語ユーザーガイド
インフュージョン内圧カテーテル
home
会社案内
消化器製品
皮膚製品
その他製品
e-mail
学会機器展示