Copyright c 1999-2004 ASAHIBIOMED all rights reserved
その他製品
皮膚製品
消化器製品
Topページ
Eメール
会社案内
前ページ
■測定原理
プローブの開口部を皮膚に押し当てることにより、
チャンバー内が閉鎖状態となり、内部の空気は
プローブ開口部の皮膚表面より蒸散してくる水分により
絶対湿度が上昇します。
この上昇する絶対湿度変化量より
皮水分損失量(TEWL)を算出します。
また、閉鎖チャンバー内容積を3.0ccに
することにより、外気の変動による影響を
抑えるとともに、移動積算による平均処理を自動で
行うため、 誤差の少ない測定が可能になりました。
■本体内蔵の高性能CPUにより、チャンバー内の温度、湿度を常に監視して最適な測定
 時間を自動で判別を行い、常に正確な測定値を得ることが可能です
■自動パージ機能により、測定終了後の閉鎖チャンバー内の換気が迅速となり、測定間
 隔が短くなりました
■還流ポンプにより、閉鎖チャンバー内の空気を還流させているため、湿度が均一となり
 測定の際の誤差が少なく、測定角度にも影響されません
■測定時間は4秒〜14秒間と非常に短時間で測定が可能です
■閉鎖式チャンバーにより、外気の乱流、気流の影響を受けずに正確な測定が可能です
TEWL、皮膚バリア機能、ドライアイの評価に最適
構成図
水分蒸散モニターAS-CT1
サイクロン水分蒸散モニター AS-CT1
学会機器展示